自分で確定申告が必要なケースとは?仮想通貨の税金について徹底解説

仮想通貨

仮想通貨で得た利益額が1年で20万円を超えた場合は、翌年の期間内(2月中旬〜3月中旬頃)に自分で確定申告を作成し、申告する必要があります。

もし仮想通貨で発生した利益に対して申告をおこたり納税をしなかった場合は、ペナルティの対象になってしまうので、内容をしっかりおさえておきましょう。

本記事では、仮想通貨の確定申告や税率について知っておくべき基礎知識を解説します。

はじめて仮想通貨を買うなら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです

コインチェック
  • 暗号資産が約500円から購入可能
  • 徹底したセキュリティ体制を構築
  • 最短5分で口座開設の申し込みが完了

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

仮想通貨とは

そもそも仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で利用できる世界共通のデジタル通貨のことで、日本銀行のホームページでは、暗号資産のことを、インターネット上でやりとりできる財産的価値と表現しています。

※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されました。(金融庁

買う・貯める・増やす、使うといった取引(=トランザクション)をすべてインターネット上で行えることが仮想通貨(暗号資産)の特徴です。詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【初心者向け】仮想通貨とは?基礎知識や種類、始め方をやさしく解説

はじめての仮想通貨なら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

仮想通貨で確定申告が必要なケースとは?

日本では仮想通貨取引で得た利益に対して税制が定められており、儲けた分はしっかりと税金を納める義務があります。

しかし前提として知っておきたいのは、「仮想通貨の利益」とは、仮想通貨取引で利益を確定し、日本円にしたときのことです。

つまり仮想通貨を保持しているだけ(=いわゆるガチホ)なら利益は発生しないため、課税の対象にはなりません。仮想通貨を売却したり商品を購入したりすることで初めて確定申告の必要性が出てきます。

仮想通貨取引の利益額が1年に20万円を超えたら、翌年の期間内(2月中旬〜3月中旬頃)に確定申告が必要です

株とは異なり、仮想通貨の利益は自分で申告が必要

仮想通貨の確定申告で注意したいのは、自分で申告するという点です。

株の場合は、特定口座の「源泉徴収あり」を選択していれば、利益にかかる税金が自動的に計算され、税金が口座から納付されます。

源泉徴収とは、簡単にいうと「税金の天引きシステム」のようなもので、自分で計算したり申告したりする手間がかかりません。

しかし、仮想通貨の利益は源泉徴収されないため、自分で確定申告書を作成し税務署に提出する必要があるのです

今なら口座開設&入会で、1,500円分のビットコイン(BTC)がもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

9月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

仮想通貨の利益は「雑所得」になる

国税庁が定める「課税対象になる所得」にはさまざまな種類があり、仮想通貨の利益は「雑所得」に該当します。

雑所得は給料などと合算され、所得税を計算します。この方法を総合課税といい、その課税所得金額に応じて税率が決まります。

ちなみに、所得税の税率は最大45%(住民税を含めると55%)となります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

参照:国税庁公式サイト|所得税の税率

株やFXの税率との違い

同じ投資でも、株やFX(外国為替証拠金取引)と仮想通貨は「課税対象になる所得」の分類が異なり、税率も違います。

株やFXで発生した利益は、ほかの所得とは分離して税額を計算する「申告分離課税」の対象です。その税率は一律20.315%で、他に給料などによる所得があっても納付する税率は変わりません。

一方、仮想通貨の利益は、申告分離課税の対象にならないため、総所得に応じて税率が高くなります。

このように、仮想通貨は株やFXと同じく「投資」対象ですが、適用される税制が異なるので注意しましょう

はじめての仮想通貨なら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

税金以外に仮想通貨取引で注意すること

仮想通貨の税率や確定申告についてわかったところで、ここからは、税金以外に仮想通貨取引で注意したいことを大きく3つ紹介します。

仮想通貨を利用する際の注意点

  • 価格の変動が大きい
  • 国による価値の保証がない
  • デジタル犯罪によるリスク

価格の変動(ボラティリティ)が大きい

1つ目の注意点は、価格の変動(ボラティリティ)が大きいことです。

仮想通貨(暗号資産)は、利用者の需給バランスや、システムの異常といった通貨の価値を損なう事態などさまざまな要因によって、仮想通貨(暗号資産)の価格が大きく変動する可能性があります。

価格変動が大きいことは、それだけ価格が上がる可能性がある一方で、仮想通貨(暗号資産)の価格が急落し、損をする可能性もあることを把握しておく必要があるでしょう。

国による価値の保証がない

また、国による価値の保証がないことも注意すべき点です。

仮想通貨(暗号資産)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。

つまり、それぞれの国や地域の経済状況の影響を受けにくいというメリットがある一方で、システムの崩壊など仮想通貨(暗号資産)の価値を大きく損なう事態が生じても、それぞれの国や地域は価値を保証してくれないということです。

デジタル犯罪によるリスク

仮想通貨(暗号資産)は、実体がない通貨なので物理的に奪われることはありませんが、ハッキングのようなデジタル犯罪に巻き込まれるリスクも注意しなければなりません。

しかし、ハッキングを受けるのは取引所であり、仮想通貨(暗号資産)そのものではないことから、セキュリティ対策が整っている取引所を選ぶことでリスクを抑えることが可能です。

>>関連記事:仮想通貨(暗号資産)は危険?注意点と対策をくわしく解説

セキュリティレベルの高い取引所を選ぶポイントは次章でご説明します。

セキュリティレベルが高い取引所の見分け方

国内でも複数ある取引所の中から、「どうやってセキュリティレベルの高い取引所を選べばいいの?」と気になる方もいるでしょう。

取引所のセキュリティという視点から見た場合にまずポイントになるのが、暗号資産交換業者として登録されているかという点です。

暗号資産交換業者は、金融庁が管轄する登録制度で、業務内容や体制、セキュリティレベルの評価などを審査したうえで登録されます。

暗号資産交換業者の代表例

  • コインチェック株式会社
  • 株式会社bitFlyer 
  • GMOコイン株式会社
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 楽天ウォレット株式会社 
  • LINE Xenesis株式会社

参照:暗号資産交換業者登録一覧 – 金融庁(2022年6月時点)

登録されていれば絶対安全というわけではありませんが、業者として基本的な条件は満たしているという基準になります。

そのため取引所を決める際は、必ず事前にチェックしておきましょう。

金融庁登録済の暗号資産交換業者なら、マネックスグループ(東証プライム上場)の傘下であり、徹底したセキュリティ体制を構築しているCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

初心者や経験者にもおすすめの仮想通貨取引所

ここでは、仮想通貨投資の初心者から経験者まで幅広い層におすすめの国内取引所を2つご紹介します

  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

どちらも、取引所としての知名度・信用度が高い取引所です。

もし、はじめての取引所選びに迷っていたら、ぜひチェックしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。

東証一部上場企業のマネックスグループが親会社として運営しているため、信頼性は十分です。

特徴

  • 運営の信頼性
  • 取扱通貨数:17種類
  • 初心者でも使いやすい
  • 取引所の取引手数料が無料
  • アプリダウンロード数、国内No.1

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

スマホ用アプリの使いやすさ・操作性にも定評があり、仮想通貨を500円から買うことができるため、初心者でもはじめやすい取引所です。

コインチェック

最短5分で口座開設の申し込みができます。申し込みから完了までは一定の時間が必要ですが、最短1日で取引を開始することも可能です。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者である株式会社bitFlyerが運営する、日本の暗号通貨取引所です。

2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇ります。

みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けており、取引所としてのセキュリティレベルも高い取引所です。

特徴

  • 各種手数料が無料
  • 取扱通貨数:15種類
  • サポートも充実していて安心
  • 業界最長 7 年以上ハッキング0の実績

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインをはじめ15種類の仮想通貨を100円から取引できるという特徴があります。

他の取引所と比較して最低取引金額が少額に設定されているため、仮想通貨取引をより手軽に始めることができます。

公式サイト:bitFlyer(ビットフライヤー)

【Q&A】仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問

最後に、仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問を紹介します。

Q:仮想通貨(暗号資産)はどこで買える?

仮想通貨(暗号資産)は、「取引所」や「販売所」と呼ばれる事業者(=暗号資産交換業者)から入手・換金することができます。

  • 取引所…個人間の売買を行う
  • 販売所…業者を相手に売買を行う

販売所は、すぐ・確実に売買が成立しますが、業者との取引のため手数料が取引所に比べ高くなるため、個人用途で売買を行う場合は、「取引所」で売買するのが一般的です

>>関連記事:仮想通貨の取引所と販売所の違いは?メリット・デメリットを比較

国内の取引所なら、取引操作が簡単で初心者でもはじめやすいCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

Q:仮想通貨(暗号資産)はいくらから買えるの?

仮想通貨の最低投資額は取引所によって異なりますが、数百円から取引が可能なところが多いです。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:仮想通貨はいくらから買える?最低投資額を初心者に向けて解説

Coincheckなら、仮想通貨を約500円から購入可能で、今なら1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

Q:仮想通貨(暗号資産)にはどんな種類があるの?

仮想通貨(暗号資産)には複数の種類があり、大きくは、ビットコインとそれ以外の通貨(=アルトコイン)に分けられます。

代表的なアルトコインには、イーサリアムやリップル、ライトコイン、ネムなどがあり、現在、その種類は全世界で2,000種類以上もあるといわれています。

アルトコインのアルトの多くはビットコインの仕組みをもとにしたもので、ビットコインのプログラムを改良することによって生まれています。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【厳選】仮想通貨の種類とその特徴、選び方のポイントを解説

まとめ

本記事では、仮想通貨の確定申告や税率について解説しました。

仮想通貨取引の利益額が1年に20万円を超えたら、翌年の期間内に確定申告が必要です。

株とは異なり、自分で確定申告書を作成し税務署に提出しなければならないので、事前に、申告の条件や内容をしっかり理解しておきましょう。

国内の取引所なら、取引操作が簡単で初心者でもはじめやすいCoincheckがおすすめです。

コインチェック

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

参考書籍

タイトルとURLをコピーしました