ブロックチェーンとは?仮想通貨の仕組みを簡単にわかりやすく解説

仮想通貨

仮想通貨と一緒に耳にする「ブロックチェーン」という言葉ーー。

  • よく聞くけど、どんな仕組みなの?
  • 説明が難しくてよくわからない
  • ざっくりとで良いから知りたい

という方は少なくないでしょう。

ブロックチェーンとは、取引データを一定数の「ブロック単位」に分けて鎖(チェーン)のようにつないで情報を記録していく技術のことです。

本記事では、仮想通貨におけるブロックチェーンの仕組みや改ざんされにくい理由などをわかりやすく解説します。

はじめて仮想通貨を買うなら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです

コインチェック
  • 暗号資産が約500円から購入可能
  • 徹底したセキュリティ体制を構築
  • 最短5分で口座開設の申し込みが完了

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、取引データを一定数の「ブロック単位」に分けて鎖(チェーン)のようにつないで情報を記録していく「分散型台帳技術」と呼ばれる技術のひとつです。

すべての取引内容を記録し、参加者によって監視・承認することで安全性を保ちます。

主に、仮想通貨(暗号資産)の取引を記録する仕組みとして使用されていますが、最近では、金融や不動産・ゲームなどさまざまな分野への導入も検討されています。

ブロックチェーンが誕生した背景

ブロックチェーンが誕生したきっかけは、2008年10月にサトシ・ナカモトという謎の人物が発表した論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」でした。

この論文が土台となって、ブロックチェーンで取引内容を記録していく仕組みと、世界初の仮想通貨であるビットコインが誕生しました。

サトシ・ナカモトは流通量や値動きなどを管理する人がいなくても通貨として機能する仕組みとしてブロックチェーンを作り出したのです。

そもそも仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とは、インターネット上で利用できる世界共通のデジタル通貨のことで、日本銀行では、仮想通貨(暗号資産)のことを、インターネット上でやりとりできる財産的価値と表現しています。

※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されました。(金融庁

買う・貯める・増やす、使うといった取引(=トランザクション)をすべてインターネット上で行えることが仮想通貨の特徴です。

詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【初心者向け】3分でわかる仮想通貨とは?基礎や手順、注意点を解説

はじめての仮想通貨なら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

仮想通貨(暗号資産)におけるブロックチェーンの仕組み

仮想通貨(暗号資産)においてブロックチェーンは、過去のデータを書き換えにくく、かつ書き換えられても修復できる管理技術として使用されています。

先述したようにブロックチェーンは、取引データを一定数の「ブロック単位」に分けて鎖(チェーン)のようにつないで情報を記録していく仕組みです。

わかりやすくいうと仮想通貨(暗号資産)の取引を記録する台帳のようなものです。

取引データの管理方法

一般的な取引データの管理方法は、円やドルなどの法定通貨を金融機関の中央サーバーで一元管理する「中央集権型」です。

しかしこの管理方法は、中央サーバーにトラブルが発生すると出入金や送金ができなくなる可能性があり、サーバーがハッキングされる可能性もゼロではありません。

一方、ブロックチェーンにより管理されている仮想通貨は、ユーザー同士のネットワークを直接つなぎ、取引記録を分散して管理する「自律分散型」となっているため、サーバートラブルやハッキングなどのリスクを抑えることができます。

なぜブロックチェーンは改ざんされにくいのか

仮想通貨の取引データが改ざんされにくい理由は、ブロックチェーンによってデータが無数のブロックでつながっている構造になっているからです。

例えば、ある人から1ビットコイン(以下BTC)を受け取った後、その取引が無かったことにする書き換えが行われたとします。

しかし、ブロックチェーンによってその取引の前後には無数のブロックがつながっていて、それらをつなぐチェーンは前のブロックの残高がいくらだったのかといったデータを参照しています。

▼ブロックチェーンのイメージ図

そのため、1BTC受け取ったデータを消すと次のブロックと整合性が取れなくなり、書き換えに気づくことができるのです。

さらに、ひとつのデータを改ざんするには、それ以降につながるブロックの膨大なデータも書き換えなければなりません。

このような構造になっているため、ブロックチェーンは改ざんがされにくく、すべての取引の整合性と安全性が確保されているのです

今なら口座開設&入会で、1,500円分のビットコイン(BTC)がもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

9月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

仮想通貨(暗号資産)の始め方4ステップ

ブロックチェーンについてざっくりとわかったところで、読者の中には「仮想通貨をはじめてみようかな」と思った方もいるかもしれません。

そこで本章では、実際に仮想通貨取引の始め方をご説明します。

各取引所によって異なりますが、仮想通貨取引をはじめる流れは基本的に以下の4ステップです。

仮想通貨取引を始める流れ

  1. 口座開設に必要なものを準備
  2. 仮想通貨取引所で口座を開設
  3. 口座に日本円を入金
  4. 仮想通貨を買う

STEP1. 口座開設に必要なものを準備

まず、口座開設のために必要なものを準備します。

取引所で口座を開設する際は、マネーロンダリングなどの不正を防止するため、本人確認書類の提出が求められます。

▼本人確認書類の一例

  • マイナンバーカード(写真付き)
  • 運転免許証
  • パスポート など

本人確認書類は、写真に撮るかスキャンしてデータ化しておくと登録がスムーズでしょう。

STEP2. 仮想通貨取引所で口座を開設

準備ができたら、仮想通貨取引所で口座(ウォレット)を開きます。

▲引用:口座開設の画面|Coincheck(コインチェック)

口座開設はネット上で簡単にできます。もちろん、口座の開設や維持にかかる費用は、どの取引所でも基本無料です。

口座開設までの基本的な流れは以下のようになります。

口座開設の手順

  1. メールアドレスの登録
  2. 登録したアドレスに送られてくるリンク先へ行き、パスワードを設定
  3. 利用規約などを読み、同意する
  4. 住所・氏名など基本情報を入力
  5. 本人確認の書類をアップロード

画面の案内に従い、手続きを進めます。

上記1〜5まで手続きが終わると、アップロードした本人確認の書類をもとに審査が行われます。

▲引用:審査の画面|Coincheck(コインチェック)

承認されると口座を有効化させるパスワードが書かれたハガキが届き、そのパスワードを入力すると口座開設が完了です。

>>関連記事:初心者でも簡単!仮想通貨の始め方と事前ポイントをやさしく解説

STEP3. 口座に日本円を入金

口座(ウォレット)の開設が完了後、口座に日本円を入金することで仮想通貨を売買する投資ができるようになります。

入金方法は「銀行振込」「コンビニからの入金」などが一般的です。自分が入金しやすい方法を選んで入金しましょう。

その際、入金方法や手数料は各取引所によって異なるため、事前にチェックしておく必要があります。

STEP4. 仮想通貨を買う

入金したら、次は実際に仮想通貨を購入します。

国内大手の取引所であるCoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー )などでは以下のような手順で購入できます。

  1. 仮想通貨銘柄の選択
  2. 取引したい数量を設定
  3. 売却・購入ボタンをクリック

アプリ版がある取引所だと、より操作がシンプルで使いやすい設計になっているので初心者でもはじめやすいです。

>>関連記事:初心者におすすめの仮想通貨アプリとは?メリットや注意点も徹底解説

今なら口座開設&入会で、1,500円分のビットコイン(BTC)がもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

9月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

初心者におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

ここでは、仮想通貨投資の初心者におすすめの国内取引所を2つご紹介します。

  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

どちらも、取引所としての知名度・信用度が高い取引所です。

もし、はじめての取引所選びに迷っていたら、ぜひチェックしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。

東証一部上場企業のマネックスグループが親会社として運営しているため、信頼性は十分です。

特徴

  • 運営の信頼性
  • 取扱通貨数:17種類
  • 初心者でも使いやすい
  • 取引所の取引手数料が無料
  • アプリダウンロード数、国内No.1

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

スマホ用アプリの使いやすさ・操作性にも定評があり、仮想通貨を500円から買うことができるため、初心者でもはじめやすい取引所です。

コインチェック

最短5分で口座開設の申し込みができます。申し込みから完了までは一定の時間が必要ですが、最短1日で取引を開始することも可能です。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者である株式会社bitFlyerが運営する、日本の暗号通貨取引所です。

2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇ります。

みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けており、取引所としてのセキュリティレベルも高い取引所です。

特徴

  • 各種手数料が無料
  • 取扱通貨数:15種類
  • サポートも充実していて安心
  • 業界最長 7 年以上ハッキング0の実績

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインをはじめ15種類の仮想通貨を100円から取引できるという特徴があります。

他の取引所と比較して最低取引金額が少額に設定されているため、仮想通貨取引をより手軽に始めることができます。

公式サイト:bitFlyer(ビットフライヤー)

【Q&A】仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問

最後に、仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問を紹介します。

Q:仮想通貨(暗号資産)はどこで買える?

仮想通貨(暗号資産)は、「取引所」や「販売所」と呼ばれる事業者(=暗号資産交換業者)から入手・換金することができます。

  • 取引所…個人間の売買を行う
  • 販売所…業者を相手に売買を行う

販売所は、すぐ・確実に売買が成立しますが、業者との取引のため手数料が取引所に比べ高くなるため、個人用途で売買を行う場合は、「取引所」で売買するのが一般的です

>>関連記事:仮想通貨の取引所と販売所の違いは?メリット・デメリットを比較

国内の取引所なら、取引操作が簡単で初心者でもはじめやすいCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

Q:仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違いは?

仮想通貨と電子マネーは、どちらもデータであるため実体がないことは共通していますが、法定通貨を基準としているかという点に大きな違いがあります

電子マネーは法定通貨に紐づいている一方で、仮想通貨は、特定の国家によって価値を保証されているものではありません。仮想通貨はユーザー同士が取引の承認を行うなど、国に依存しないシステムを構築しています。

>>関連記事:仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違いとは?それぞれの特徴を解説

Q:仮想通貨(暗号資産)はいくらから買えるの?

仮想通貨の最低投資額は取引所によって異なりますが、数百円から取引が可能なところが多いです。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:仮想通貨はいくらから買える?最低投資額を初心者に向けて解説

Coincheckなら、仮想通貨を約500円から購入可能で、今なら1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

Q:仮想通貨(暗号資産)にはどんな種類があるの?

仮想通貨(暗号資産)には複数の種類があり、大きくは、ビットコインとそれ以外の通貨(=アルトコイン)に分けられます。

代表的なアルトコインには、イーサリアムやリップル、ライトコイン、ネムなどがあり、現在、その種類は全世界で2,000種類以上もあるといわれています。

アルトコインのアルトの多くはビットコインの仕組みをもとにしたもので、ビットコインのプログラムを改良することによって生まれています。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【厳選】仮想通貨の種類とその特徴、選び方のポイントを解説

Q:仮想通貨(暗号資産)は危なくないの?

仮想通貨(暗号資産)は、価格変動が大きいことやセキュリティの問題、投資であるゆえのリスクが全くないとは言い切れません。しかし適切な対策や、自身のセキュリティ意識を高く持つことでリスクを抑えることは可能です。

仮想通貨(暗号資産)の注意点や安全に取引するための対策については以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:仮想通貨(暗号資産)は危険?注意点と対策をくわしく解説

まとめ

本記事では、仮想通貨におけるブロックチェーンについてわかりやすく解説しました。

ブロックチェーンとは、取引データを一定数の「ブロック単位」に分けて鎖(チェーン)のようにつないで情報を記録していく技術のことです。

改ざんがされにくく、すべての取引の整合性と安全性が確保されているのが特徴です。

この技術を使った仮想通貨に興味がわいたら、実際に、仮想通貨取引にチェレンジしてみてましょう。

国内の取引所なら、取引操作が簡単で初心者でもはじめやすいCoincheckがおすすめです。

コインチェック

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

参考書籍

タイトルとURLをコピーしました