ホットウォレットとは?意味やメリット、注意点などをやさしく解説

仮想通貨

ホットウォレットとは、仮想通貨をインターネットに接続されたオンライン状態で保管する方法です。

利便性が高い管理方法ですが、常時インターネットに接続されているためハッキングやウイルス感染によって大事な秘密鍵を盗まれてしまうリスクがあります。

本記事では、ホットウォレットの意味やメリット、デメリット・注意点などをくわしく解説します。

はじめて仮想通貨を買うなら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです

コインチェック
  • 暗号資産が約500円から購入可能
  • 徹底したセキュリティ体制を構築
  • 最短5分で口座開設の申し込みが完了

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

ホットウォレットとは?|仮想通貨(暗号資産)用語

ホットウォレットとは、「ウォレット」の一種で、仮想通貨をインターネットに接続されたオンライン状態で保管する方法です。

ホットウォレットはインターネット環境があれば、場所や端末を選ぶことなく自分の仮想通貨にアクセスすることができるため、頻繁に仮想通貨の換金を行う人にとっては利便性の高い管理方法です。

そもそもウォレットとは

そもそもウォレットとは、ビットコインやイーサリアムといった通貨を保管する場所を示します。デジタル上にある「仮想通貨専用の財布」のようなイメージです。

ウォレットは、秘密鍵と公開鍵を使った暗号システムによって、保管している仮想通貨(暗号資産)を守る仕組みになっています。

>>関連記事:ウォレットとは?初心者が知っておきたい仮想通貨のセキュリティ知識

はじめての仮想通貨なら、3年連続アプリダウンロード数No.1※のCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>Coincheck

※ 期間:2019年1月〜2021年12月、対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

ホットウォレットとコールドウォレットの違い

ウォレットには、大きく分けて2種類の方式があります。

  1. ホットウォレット方式
  2. コールドウォレット方式

コールドウォレットとホットウォレットの大きな違いは、インターネットに接続しているか・いないかです。

先述のとおりホットウォレットは、仮想通貨をインターネットに接続されたオンライン状態で保管する方法です。

一方、コールドウォレットは、インターネットから完全に切り離されたオフライン状態で保管する方法なので、両者の保管方法は大きく異なります。

コールドウォレットは、ホットウォレットよりも利便性は低下しますが、インターネット環境から完全に遮断されているため不正アクセスによって仮想通貨が盗まれるリスクを防ぐことができます。

>>関連記事:コールドウォレットとは?種類や注意点、対応済みの取引所を徹底解説

ホットウォレットのメリット

ホットウォレットの最大のメリットは、気が向いたときにいつでも簡単に操作できる手軽さです。

取引するたびに、毎回64ケタの秘密鍵を入力するのは面倒ですが、IDやパスワードの自動入力機能と同じように自動で入力保管してくれるので便利です。

参考書籍:最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン/大塚雄介

ホットウォレットのデメリット・注意点

ただし、ホットウォレットは常時インターネットに接続されているため不正にアクセスされるリスクがあります。

また、スマホやパソコン内にデータが残っているため、スマホそのものを落としたり、パソコンを盗まれたりしたときにも、IDやパスワード、個人情報などと一緒に、大事な秘密鍵を盗まれてしまう恐れがあるので注意が必要です。

安全性の高いウォレットで保管している取引所の見分け方

このようにホットウォレットは利便性が高い管理方法ですが、安全性を考えるとコールドウォレットでの管理方法を利用するほうが安心です。

とはいえ、いざ仮想通貨取引を始めようと思ったときに、「国内でも複数ある取引所の中から、どうやって安全性の高いウォレットで保管している取引所を選べばいいの?」という方もいるかもしれません。

取引所のセキュリティレベルという観点から見た場合の指標になるのが、暗号資産交換業者として登録されているかという点です。

暗号資産交換業者は、金融庁が管轄する登録制度で、業務内容や体制、セキュリティレベルの評価などを審査したうえで登録されます。

なお、暗号資産交換業者には、顧客の暗号資産をコールドウォレット等で管理することが義務付けられています

参考:暗号資産に関するトラブルにご注意ください!|金融庁

暗号資産交換業者の代表例

  • コインチェック株式会社
  • 株式会社bitFlyer 
  • GMOコイン株式会社
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 楽天ウォレット株式会社 
  • LINE Xenesis株式会社

参照:暗号資産交換業者登録一覧 – 金融庁(2022年6月時点)

登録されていれば絶対安全というわけではありませんが、安全性の高いコールドウォレットで保管しているかを見分ける基準になります。

そのため取引所を決める際は、必ず事前にチェックしておきましょう。

金融庁登録済の暗号資産交換業者なら、マネックスグループ(東証プライム上場)の傘下であり、徹底したセキュリティ体制を構築しているCoincheckがおすすめです。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

コールドウォレット方式に対応済みのおすすめ国内取引所

ここでは、コールドウォレット方式に対応済みのおすすめ国内取引所を2つご紹介します。

  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)

どちらも安全性の高いコールドウォレットで保管しており、取引所としての知名度・信用度も高い取引所です。

もし、はじめての取引所選びに迷っていたら、ぜひチェックしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。

Coincheckでは、暗号資産の取引や送金がスピーディーにできるホットウォレットに加え、一定額を上回る分の暗号資産については隔離運用されたコールドウォレットで管理するシステムになっています

そのため、万一不正アクセスを受けた場合でも、コールドウォレット内に保管された通貨への影響を避けることができますCoincheckのウォレットは、Coincheckのアカウントを作成することで利用できます。(参照元:Coincheck 公式サイト

Coincheckの特徴

  • 運営の信頼性
  • 取扱通貨数:17種類
  • 初心者でも使いやすい
  • 取引所の取引手数料が無料
  • アプリダウンロード数、国内No.1

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

スマホ用アプリの使いやすさ・操作性にも定評があり、仮想通貨を500円から買うことができるため、初心者でもはじめやすい取引所です。

コインチェック

最短5分で口座開設の申し込みができます。申し込みから完了までは一定の時間が必要ですが、最短1日で取引を開始することも可能です。

詳細・口座開設(無料)はこちら

>>Coincheck

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、金融庁登録済の暗号資産交換業者である株式会社bitFlyerが運営する、日本の暗号通貨取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で所有する約100%のビットコインは、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されており、多数の物理セキュリティロックと、24時間監視システムにより強固に守られています。(参照元:bitFlyer のセキュリティ

特徴

  • 各種手数料が無料
  • 取扱通貨数:15種類
  • サポートも充実していて安心
  • 業界最長 7 年以上ハッキング0の実績

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインをはじめ15種類の仮想通貨を100円から取引できるという特徴があります。

他の取引所と比較して最低取引金額が少額に設定されているため、仮想通貨取引をより手軽に始めることができます。

公式サイト:bitFlyer(ビットフライヤー)

【Q&A】仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問

最後に、仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問を紹介します。

Q:仮想通貨(暗号資産)って何ですか?

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で利用できる世界共通のデジタル通貨のことです。日本銀行では仮想通貨(暗号資産)のことを、インターネット上でやりとりできる財産的価値と表現しています。

買う・貯める・増やす、使うといった取引(=トランザクション)をすべてインターネット上で行えることが仮想通貨(暗号資産)の特徴です。詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【初心者向け】仮想通貨とは?基礎知識や種類、始め方をやさしく解説

Q:仮想通貨(暗号資産)は何から始めればいいの?

仮想通貨取引を始めるには、まず取引所で口座(ウォレット)を開くことからスタートします。

口座開設は、ネット上で基本情報や本人確認書類をアップデートするだけなので初心者でも簡単にできます。もちろん、口座の開設や維持にかかる費用は、どの取引所でも基本無料です。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:【初心者向け】仮想通貨の始め方と事前ポイントをわかりやすく解説

Q:仮想通貨(暗号資産)はいくらから買えるの?

仮想通貨の最低投資額は取引所によって異なりますが、数百円から取引が可能なところが多いです。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>関連記事:仮想通貨はいくらから買える?最低投資額を初心者に向けて解説

Coincheckなら、仮想通貨を約500円から購入可能で、今なら1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中です。

コインチェック

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

Q:仮想通貨(暗号資産)のメリット・デメリットは?

仮想通貨(暗号資産)は、いつでもどこからでも取引できる自由さや小額から取引できるといったメリットがある一方、価格変動が大きいことやセキュリティの問題といったデメリットもあります。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

>>仮想通貨(暗号資産)のメリット・デメリットを徹底解説

まとめ

本記事では、ホットウォレットの意味やメリット、デメリット・注意点などを解説しました。

ホットウォレットの最大のメリットは、気が向いたときにいつでも簡単に操作できる手軽さです。ただし、常時インターネットに接続されているためハッキングやウイルス感染によって大事な秘密鍵を盗まれてしまうリスクもあります。

「リスクを抑えて安全に取引したい」という方は、コールドウォレットで管理する仮想通貨取引所を利用するのがおすすめです。

コールドウォレットに対応済みの国内取引所なら、取引操作が簡単で初心者でもはじめやすいCoincheckがおすすめです。

コインチェック

はじめての取引所選びに迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細・口座開設(無料)はこちら
>>
Coincheck

参考書籍

タイトルとURLをコピーしました